パラレルパラダイス 1話 ネタバレ感想 売れ線狙いの異世界トリップハーレム物

極黒のブリュンヒルデの作者岡本倫先生がヤングマガジンで新たに連載を始めた漫画、パラレルパラダイス
その1話の感想を書いていく。
ネタバレ注意。

f:id:romarika:20170318170025j:plain

スポンサードリンク


 

異世界トリップハーレム系

f:id:romarika:20170318170027j:plain

このパラレルパラダイスはなろう系で流行っている異世界トリップ物&君は淫らな僕の女王の過激ラブコメ路線

簡単に言うと異世界トリップハーレム物というまぁ非常~にありがちな設定
男が他に一人も存在せずハーレムを生成する環境が整っているというのも正に最近の流行りの設定だ。

岡本先生が横槍メンゴ先生とタッグを組んで描いた君は淫らな僕の女王はヒットを飛ばしたらしい。
その路線を選んだということや、現在流行りの異世界トリップ系ということから考えて現在の売れ線狙いに感じた。
予測のつかない展開が売りの岡本先生がこんなこんなありがちな設定にしてしまうんだ…。

キャラクター

f:id:romarika:20170318172144j:plain

主人公の太多陽太
この陽太は設定外見共に岡本先生の前作極黒のブリュンヒルデの主人公村上良太を思わせる。
こういうタイプの男が岡本先生が一番主人公として描きやすいタイプなんだろう。

f:id:romarika:20170318172146j:plain

恐らくはメインヒロインの聖騎士ルーミ
私はあまり好きではなかったけど極黒のアフロが評判良かったからアフロっぽいキャラクターになっている。
その設定は正に〇貞の妄想のようなキャラクター。

絵柄

絵柄は極黒のブリュンヒルデの絵柄変更後の絵柄になっている。
これは私は元々極黒の絵柄変更が最後までどうしても好きになれなかったのであまり歓迎はしない。
けれど1話からこれならまぁいいかと思える。

ただ当たり前なんだけど岡本先生が描いているのでコマ割りの癖や模擬音の描き方、ヒロイン節が岡本先生っぽくて同じ作者であることを感じさせた。
顔に立体感がないところも岡本先生っぽい。

統括

f:id:romarika:20170318170034j:plain

イラストだけではどんな漫画なのか分からなくて期待半分で見たけど思いのほか下品な方向にシフトしたなと思った。

正直私はファンタジーはあまり好きなジャンルではないし、女だからハーレム物にも興味がない。

f:id:romarika:20170318170028j:plain

1話のこのノリからして今後の展開とノリがもう既になんとなく分かる。

あまり読む気が起きない…というのが正直な感想
単行本で追って読むぐらいはするかもしれないけど今回1話を読んだ時点では全然ハマってない。
極黒のブリュンヒルデは1話から私好みだったんだけど…。

スポンサードリンク


 



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 蔵間マリコ より:

    流行り廃りとか、売れ線であるかどうかは重要じゃないと思いますよ。
    重要なのは作品として面白いか否か、ただそれだけなのでは?
    ラブコメが描きたいと本人が言っている以上は、それに任せるのが一番だと思いますけどねえ。
    極黒のブリュンヒルデで好きになっても、次回作が好みとは思わないのなら離れるのが一番なのでは?そっちのほうが精神衛生上よさそうですし。
    結局は管理人は岡本倫じゃなくて、極黒のブリュンヒルデが好きだった、ただそれだけですよ。

  2. romarika より:

    >蔵間マリコさん
    売れ線であることは重要じゃないというのは同感ですが、批判するつもりも全くなくただ売れ線を狙ってきたんだな~と思ったことを書いただけです。

    重要なのは作品が面白いか否かですが、はっきり言って残念なことに商業誌で連載する以上、漫画が面白いことよりもネットネタでもエロでも何でも走って人気が出ることの方が重要な現実があります。
    でなければ打ち切りになってしまいますから。

    パラレルパラダイスは一応次回も読む予定ですがそんなにハマってないので記事中にも書いたのですが単行本で追って読むぐらいになるかなと思ってます。
    感想は基本的に好きな漫画しか書きませんし。

    元々私が極黒のブリュンヒルデを読んだのはエルフェンリートが凄く面白かったからです。
    ノノノノも好きですし私は漫画家としての岡本先生が好きだとはっきりと断言できます。
    どんなに岡本倫作品を批判したとしても漫画家としての岡本倫が好きかどうか、それは私の心のことだから他者に決めつけられる筋合いはありません。